除菌・消毒
2018.03.26

感染症を予防する消毒方法|アルコールや次亜塩素酸ナトリウムなど消毒薬の効果

家族の中にインフルエンザなどの感染症が持ち込まれると、他の家族にうつしてしまわないか心配になります。ここでは、消毒の概念やご家庭で実践できる消毒の種類、消毒薬の種類など、消毒の基礎知識をご紹介するとともに、家族間での二次感染を防ぐ消毒方法などをご紹介します。

感染症はときに、一緒に暮らしている家族の間で広まってしまうことがあります。忙しいパパや受験を控えたお子さん、抵抗力の弱い赤ちゃんやおじいちゃん・おばあちゃんにうつしてしまわないためにも、さまざまな消毒方法について知っておきたいものですね。ここでは、家庭でできる消毒の種類と、感染症を防ぐ消毒方法についてご紹介します。

消毒とは?

インフルエンザなどの感染症は、外から細菌やウイルス、カビ(真菌)などの病原微生物が体内に侵入することで引き起こされます。「消毒」とは、人や物体に付着している微生物を「死滅させる」、または「除去して害のない程度まで減らす」、「感染力を失わせる」などして毒性を無力化させることを意味します。

消毒によく似た表現として「滅菌」や「殺菌」などがありますが、これらは消毒の一手段として使われることがあります。詳しくは、『感染症を予防する除菌方法|殺菌・滅菌・抗菌との違い』をご覧ください。

消毒の具体的な方法

感染症の診察・治療を行っている医療機関では、さまざまな消毒・滅菌方法が用いられています。大きく分けると、消毒薬を使用する「化学的消毒法」と、温熱や紫外線・放射線等を使う「物理的消毒法」があります。

医療機関では専門の器具や薬剤を使って徹底した消毒を行っていますが、なかには一般家庭にも応用できる消毒方法もあります。

自宅でできる消毒方法

ご家庭でもできる消毒方法には、主に以下のようなものがあります。

  • 消毒薬を使う:さまざまな消毒薬や消毒方法があります。詳しくは後にご紹介します。
  • 煮沸する:沸騰したお湯のなかで15分以上煮沸して菌やウイルスを死滅させます。
  • 乾燥させる:湿度を低下させて菌やウイルスを死滅させたり、働きを妨げます。
  • 日光に当てる:日光に含まれる紫外線の働きで、菌やウイルスを死滅させます。

消毒といっても、特に難しいことはありません。たとえば、ふきんを漂白剤に浸けたり、赤ちゃんが使う哺乳瓶を煮沸したり、洗濯物やまな板を天日干しするなどの消毒は、誰もが一度はやったことがあるのではないでしょうか。菌やウイルスの中には湿度の高いところで増殖するものもあるため、よく乾燥させることも消毒方法の1つになります。

消毒薬の主な種類

消毒薬は消毒効果の高いものから、「高水準」「中水準」「低水準」に分類されています。高水準消毒薬は毒性も高いため、取り扱いや排水の規制があります。中水準以降の以下のような消毒薬は薬局などでも入手しやすく、市販されている除菌剤の主成分としても知られています[1][2]。

  • 消毒用アルコール・エタノール:高濃度のものは幅広い微生物に有効。除菌剤の多くに配合されている
  • ポビドンヨード:結核菌・ウイルス・真菌などに有効。傷口の消毒薬やうがい薬に配合されている
  • 次亜塩素酸ナトリウム:細菌からウイルスまで幅広く有効。特にノロウイルスの汚染対策に有効
  • クレゾール石鹸液:一般細菌や真菌などに有効。トイレやゴミ箱などの消毒に使われる
  • 第四級アンモニウム塩(低水準):ベンザルコニウム塩化物などと呼ばれ、一般細菌や真菌に有効

消毒薬の使い方としては、物を浸け置きする方法、ガーゼや雑巾などにしみ込ませて拭き取る方法、スプレーなどで散布する方法などがあります。

感染症を防ぐ消毒の方法

感染症の広がりを防ぐには、「どのようなルートで感染するのか」を認識し、対策を講じることが大切です。主な感染経路は以下があげられます。

  • 感染した人に直接触れたり、ドアノブなど物を介して感染する「接触感染」
  • 感染した人の咳・くしゃみの飛沫が鼻や口から入る「飛沫感染」
  • 病原微生物を含んだ微細な飛沫核やホコリが空気中を漂うことで離れた場所でも感染する「空気感染」

日ごろからうがい・手洗いの励行やマスクを活用するとともに、必要に応じて以下の3つの消毒を行いましょう。

身の回りの物や居住環境を消毒

インフルエンザのウイルスが物体の上で生存し、他の人に感染する可能性を持つのは2~8時間程度といわれています[3]。ドアノブやスイッチなど人が頻繁に触れるところや、感染した人が使ったものは、先にご紹介した消毒薬で清拭したり、洗剤と流水で洗っておきましょう。ドラッグストアなどで入手できる除菌スプレーや除菌ティッシュで拭き取るだけでも効果があります。

除菌スプレーについて詳しくは『除菌スプレーの効果|赤ちゃんにも大丈夫?』をご覧ください。

インフルエンザウイルスの消毒については『インフルエンザウイルスの除菌・消毒方法』、ノロウイルスの消毒については『ノロウイルスの除菌・消毒方法』も参考にしてください。

食器や食卓の消毒

家庭内にインフルエンザなどの感染者がいたとしても、すぐ近くで食事をしたり、食器を共有しなければ他の家族に感染することはないと思われますが、不安な場合は次亜塩素酸ナトリウムなどの塩素系の消毒液に浸したり、食器やカトラリーを煮沸したり、高濃度のアルコールで拭くとよいでしょう。使い終わったテーブルやお盆なども、同様の方法で消毒しておきましょう。

タオルや衣類などの消毒

感染者が家の中にいる場合、家族とのタオルや寝具・衣類の共有は基本的にNGです。特にノロウイルスなど強力なウイルスに感染した場合は、感染者とそれ以外の人のタオルや衣類は分けて洗うとよいでしょう。タオルや寝具、衣類などの消毒方法には、80度以上のお湯で10分以上洗濯する方法や、次亜塩酸ナトリウムなどの塩素系消毒薬を加えて洗濯する方法などがあります。

消毒方法を知り、あらかじめ除菌・消毒用品を揃えておけば、いざという時もあわてずに済みます。家族を感染症から守るためにも、しっかり備えておきましょう。

参考文献

  1. [1]森 健. みんなの消毒薬 第1版. 南山堂2013;2-12
  2. [2]健栄製薬. "各種消毒薬の特徴" 健栄製薬. http://www.kenei-pharm.com/medical/countermeasure/feature/01.php(参照2018-03-09)
  3. [3]さいたま市. "インフルエンザウイルスの消毒" さいたま市. http://www.city.saitama.jp/002/001/008/002/004/p008730.html(参照2018-03-09)

今すぐ読みたい

「除菌・消毒」の関連情報