除菌・消毒
2018.03.26

感染症を予防する除菌方法|殺菌・滅菌・抗菌との違い

感染症の原因となる菌やウイルスはさまざまなところに存在しています。そんな菌やウイルスを防ぐためには除菌が効果的です。ここでは「除菌」や、除菌によく似た「殺菌・滅菌・抗菌」などの言葉の違いについてご紹介するとともに、感染症を防ぐさまざまな対策をご紹介します。

インフルエンザが流行する季節になると、薬局やドラッグストアには菌やウイルスを除菌する対策グッズが並び始めます。しかし、「菌」の字を含む商品には除菌や殺菌、滅菌、抗菌など多くの種類があり、その違いがよくわからないという人も多いのではないでしょうか。今回は、こうした言葉の見分け方を中心に、感染症を予防する除菌方法や除菌グッズについて詳しく解説します。

「除菌」や「殺菌・滅菌・抗菌」などとの違いは?

除菌グッズを買いに行って、「抗菌仕様」「殺菌・消毒」などと書かれた商品を見つけ、効果が高いのは一体どれなのだろう?と疑問を感じたことはありませんか。実は、これらの言葉はきちんとした定義や意味があるのです。効果の強いものから、順にご紹介します[1]。

滅菌(めっきん)

「滅菌」とは、熱や薬品を使ってほぼすべての菌やウイルスを死滅させることです。しかし、たとえば人の手指を滅菌しようとすると、皮膚の細胞までも殺してしまいかねません。そのため、衛生用品や医療器具に付着した菌に対しての用語として捉えるとよいでしょう。

殺菌(さっきん)

「殺菌」とは文字どおり、「菌を殺す」こと。全滅とまでは行かず、一部を殺すものに関しても使われます。

この「殺菌」という表現は、医薬品や医療機器の品質や有効性について定めた薬機法という法律においても使い方が定められています。薬機法によると、消毒薬などの「医薬品」や薬用石鹸などの「医薬部外品」には使えますが、洗剤や漂白剤などの「雑貨品」には使用できません。

除菌(じょきん)

「除菌」とは身の回りの物や液体、限られた空間などに含まれる「微生物の数を減らすこと」とされています。微生物の除去にはろ過や洗浄などさまざまな手段があり、幅広い商品に対して「除菌」という言葉が用いられています。

抗菌(こうきん)

「抗菌」も近年よく使われるようになった言葉で、すでに存在する菌を殺したり減少させるのではなく、「菌の繁殖を防ぐ」という意味で使われています。JIS規格による試験をクリアした商品などに、「抗菌仕様」とうたわれています。

ちなみに、上記でご紹介した言葉に似た表現として「消毒」という言葉もあります。「消毒」とは、人体や身の回りの物に付着した病原性の微生物を死滅または除去するなどして、毒性を無力化させるという意味合いがあります。「消毒」の一手段として「殺菌」が行われることもあり、「除菌・消毒」とセットで使われることもあります。

消毒について詳しくは、『感染症を予防する消毒方法|アルコールや次亜塩素酸ナトリウムなど消毒薬の効果』をご覧ください。

感染症の予防方法と除菌グッズの活用法

インフルエンザやノロウイルスなどの感染症は、細菌やウイルス、真菌(カビ)などが身体に侵入し、定着して増殖することで引き起こされます。主な感染経路としては以下の3つがあげられます。

  • 接触感染:感染者への直接的な接触、または病原体のついた媒介物(ドアノブなど)からの感染
  • 飛沫感染:菌やウイルスを含んだ咳・くしゃみの飛沫が、健康な人の鼻や口に入ることで感染
  • 空気感染:空気中を漂うごく微細な飛沫核や、ホコリを吸い込むことによって感染

この3つの経路をシャットアウトするには、手洗いやうがいを欠かさないこと、マスクを使うこと、身の回りや空間を除菌することが大切です。

手洗い

帰宅直後の手洗いは、季節を問わず日々の習慣にしてしまいましょう。手を洗うときは薬用石鹸でなくてもかまいません。家に常備している石鹸で、以下の手順を意識して行いましょう。

  1. まずは蛇口から水を流し、流水で手を洗います。
  2. 石鹸やハンドソープを手に取り、たっぷりと泡立てます。
  3. 両手をこすり合わせるようにして、手のひらや手の甲を洗います。
  4. 親指と手のひらをねじるようにして洗い、指と指の間や爪の間、手首まで洗います。
  5. 流水で十分に洗い流し、清潔なタオルで水気を拭き取ります。

手洗いに水が使えないときやインフルエンザの流行期は、手指用の消毒用アルコール剤や、除菌ハンドジェルを使うのも効果的です[2]。

家庭内で感染症を予防するのであれば、手洗いのタイミングについても、家族全員が同じ意識を持つようにしましょう。トイレ後はもちろんですが、ペットの世話をした後やゴミ捨て後なども手洗いを徹底するべきです。

うがい

口の中やのどの粘膜に付着した菌・ウイルスの排出を促すうがいを行いましょう。のどを加湿する目的もあります。市販のうがい薬を活用するのもよいでしょう。うがいのしかたは以下を参考にしてください[3]。

  1. 水や食塩水を一口含み、口の中で強めにクチュクチュとゆすいでから吐き出す、これを2~3回繰り返す
  2. 次に水やうがい液を含み、上を向いてのどの奥まで10~15秒くらいガラガラとうがいをして吐き出す
  3. 2を数回繰り返す

マスク着用

インフルエンザなど感染症の流行時は人ごみ・繁華街への外出を避けることが大切ですが、どうしても外出する必要があるときはマスクを着用しましょう。飛沫感染を防ぐにはガーゼマスクではなく、不織布(ふしょくふ)製のマスクを選びましょう。

ドアノブなど身の回りの除菌

感染者の飛沫が持ち物や机・テーブルなどに付着したり、指先からドアノブやスイッチ、つり革など、よく触る物に移ることがあります。身の回りの物は、アルコールやエタノール、次亜塩素酸ナトリウム、二酸化塩素などを配合した除菌グッズで拭きましょう。

肌が触れる部分には、お酒と同じ成分のアルコールやエタノールが比較的安全です。75~80%の高濃度アルコールだと黄色ブドウ球菌やインフルエンザウイルスなどの殺菌に有効です。ノロウイルスには、次亜塩素酸ナトリウムが適していますが、皮膚につくと肌荒れを起こすことがあるので取扱には注意してください。

家庭で使える除菌スプレーについて詳しくは、『除菌スプレーの効果|赤ちゃんにも大丈夫?』をご覧ください。

居住空間の除菌

菌やウイルスは、空気中に漂っていることもあります。自宅やオフィスでは、時々窓を開ける・換気扇を回す・空気清浄機を使うなどして換気を行いましょう。現代の建物はほとんど気密性が高い鉄筋コンクリートですが、このような建物は保温に優れる代わりに空気がよどみやすくなります。その状態でエアコンを使うと、空気が乾燥するため、定期的な換気が必要なのです。換気が難しい場合は、加湿をするのもよいでしょう。濡らしたタオルを部屋の中で干すだけでも湿度を上げることができます。

インフルエンザウイルスの除菌については『インフルエンザウイルスの除菌・消毒方法』、ノロウイルスの除菌については『ノロウイルスの除菌・消毒方法』も参考にしてください。

空間除菌という言葉をTVや店頭でみかけたことがある方もいると思いますが、二酸化塩素や次亜塩素酸をおもな成分とした空間除菌用のさまざまなアイテム販売されています。空間除菌について詳しくは『空間除菌の効果・仕組み』をご覧ください。

参考文献

  1. [1]日本石鹸洗剤工業会. "石けん洗剤基礎知識" 日本石鹸洗剤工業会. http://jsda.org/w/03_shiki/a_sekken30.html(参照 2018-03-09)
  2. [2]厚生労働省. "インフルエンザの感染拡大を防ぐために" 厚生労働省. http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000090171.pdf(参照 2018-03-09)
  3. [3]健保連. "手洗いのしかた うがいのしかた" 新潟県. http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/462/557/20111116.pdf(参照 2018-03-09)

「除菌・消毒」の関連情報