一般的な感染予防
2018.04.27

ウイルス・細菌予防に有効な除菌アイテム

除菌用の製品には、スプレーやシートタイプ、置き型タイプなど、さまざまな種類のものがあります。感染症予防にこれらの除菌アイテムを活用するのもよいでしょう。感染症を予防する基本的な方法とアイテムを紹介します。

監修医師

監修 内科医 公衆衛生医師  成田亜希子 先生

マスクや石けんなど除菌アイテム

ウイルスや細菌による感染症は1年中起こるものですが、特に冬はインフルエンザやノロウイルスなどのニュースを頻繁に聞くので、何か対策できないか考える方は多いと思います。ここでは、感染症の予防に効果的な除菌方法やアイテムを照会します。日々の生活にうまく取り入れてみてください。

ウイルスや細菌などの感染を防ぐには

ウイルスや細菌などの感染を防ぐには、原因となる病原体を体内に取り込まないことが大切ですが、それには様々な対策があります。感染予防のために行う対策には次のようなものがあります。

  • くしゃみ、せきなどの飛沫をブロック
  • 手指の洗浄
  • のどの加湿
  • 接触感染が起こりやすい場所の除菌
  • 空間の除菌・加湿

日々の生活に取り入れられる予防法

これらの対策は日々の生活に簡単に取り入れることが可能なものです。それぞれどのような効果をもち、具体的にどのようなことを行えばいいのでしょうか。それぞれの有効な予防法をご紹介します。

くしゃみ、せきなどの飛沫をブロック

感染者のくしゃみやせきなどの飛沫の中にはたくさんのウイルスや細菌が含まれています。これらの飛沫は半径2メートル程の距離を飛散するといわれており、感染者の2m以内にいる人は飛沫を吸い込んで感染する可能性があります。電車やバスといった公共の交通機関や商業施設など不特定多数の人が集まる場所では、至近距離でウイルスや細菌が含まれた飛沫を浴びてしまうこともあるので注意が必要です。

【有効な予防法】

マスクの着用
不特定多数の人がいるところに行くときにはマスクを着用しましょう。また、マスクの表面には飛沫が付着している可能性があるので、着用中はなるべく表面を触らないようにし、帰宅後は表面に触れずに速やかに捨てるよう注意してください。

鼻やのどの加湿

ウイルスや細菌は鼻やのどの粘膜にある細胞に感染し、そこからじわじわと増殖していきます。人の鼻や喉の粘膜には線毛という構造があり、異物を捕らえて体外へ排出しようとする働きがあります。このため、仮にウイルスや細菌が体内に入り込んだとしても、線毛が正常に働いていれば体外に排出されて感染する可能性は少なくなります[1]。空気の乾燥によって線毛の働きは低下するので、しっかりと鼻やのどを加湿することが大切です。

【有効な予防法】

マスクの着用
マスクの着用は飛沫をブロックするだけでなく、鼻や喉に適度な潤いを与え、乾燥を予防する効果があります。特に冬の外出時には空気が乾燥しているため、気づかぬうちに鼻やのどの乾燥がひどくなることがありますので注意しましょう。
水・食塩水でのうがい(うがい薬の使用も可)
水や食塩水でこまめにうがいすることも鼻やのどの乾燥予防に役立ちます。また、イソジン液のようなうがい薬は、適切な濃度でうがいを行うと殺菌作用やウイルスの不活性化効果を発揮します[2]。

手指の洗浄

ウイルスや細菌は目で見ることはできません。ドアノブや便座などに触れることで気づかぬうちに手や指に付着し、その手や指で鼻や口を触ることでウイルスや細菌が体内に取り込まれ、感染してしまうことがあります。手や指に付着したウイルスや細菌が体内に取り込まれてしまう前に、こまめに手洗いと消毒を行うことが重要です。

【有効な予防法】

石けんで二度洗い
手を洗うときは、たっぷりと泡立てた石けんを使用し、爪や指の間、手首などもしっかり泡で洗うように心がけます。外出後や感染者と接触した後には、できるかぎり二度洗いをした方がよいでしょう。また、冷たい水よりもお湯を使用した方が病原体の除去率がいいとの報告もありますので、可能な限りお湯で洗うことをおすすめします[3]。
手指用の消毒用アルコール、ジェル、シート
手洗い後にはアルコールでの手指消毒で仕上げをしましょう。お湯や石けんで落とし切れなかった細菌やウイルスを除去する効果が期待できます[4]。手指消毒用のアルコールはスプレータイプのものが一般的であり、最近では公共機関や商業施設、学校などでもトイレに備え付けてあることが多くなりました。しかし、インフルエンザや風邪などが流行っている時期には持ち運びができるジェルやシートタイプのものをカバンに入れておくと安心ですね。

接触感染が起こりやすい場所の除菌

家族にインフルエンザやノロウイルスにかかった人がいる場合には、家庭内は最も飛沫感染と接触感染を起こしやすい場所となり、他の家族に感染する可能性があります。飛沫感染は、マスクを着用したり、感染した家族に個室で療養してもらうなどの対策を行えば防ぐことができますが、感染した家族が触った場所からの接触感染は同じ家にいる以上完全に防ぐことはできす、適切な対処が必要となります。家の中で接触しやすいものは次のようなものです。

  • ドアノブ
  • スイッチ
  • テーブル・椅子
  • 階段の手すり
  • 食器
  • タオル・寝具・衣類
  • 便座

これらの接触感染の可能性が高い場所を消毒することで、感染を大幅に予防することができます。

【有効な予防法】

除菌スプレー、シート
様々なタイプの除菌用商品が販売されていますが、主成分はアルコールです。スプレーやシートなどで、消毒したい場所にそのまま使用することができます。
消毒用アルコール
純度の高いアルコールであり、一般的な除菌用商品よりも高い効果が期待できます。アルコールはすぐに蒸発するため、あまり濡らしたくない場所にも安心して使用することができます。
次亜塩素酸ナトリウムなどの塩素系の消毒液
大部分の細菌やウイルスはアルコール消毒で除去することができますが、ノロウイルスなどの一部のウイルスはアルコールで完全に不活性化することができず、次亜塩素酸ナトリウムなどの塩素系の消毒液が有効になります。消毒液は原液で販売されていますから、自分で適度な濃度に薄めて使用します。塩素系の消毒液は刺激臭がありますので、消毒は窓を開けて換気をしながら行いましょう[5]。

それぞれの詳しい消毒法は、次のページを参考にしてください。『感染症を予防する消毒方法|アルコールや次亜塩素酸ナトリウムなど消毒薬の効果』

空間の除菌・加湿

ウイルスや細菌の多くは飛沫感染と接触感染を起こすものですが、密閉された狭い空間の中では、ウイルスや細菌が空気中を舞い、それを他の人が吸い込んで感染してしまうことがあるので、空気中の除菌や加湿を行うことも大切です。

【有効な予防法】

窓を開ける
こまめな換気は空間の除菌に最適です。インフルエンザや風邪が流行する冬は、寒く空気が乾燥しているため、換気に抵抗がある人もいるかもしれません。しかし、外の新鮮な空気を取り込むことで空気中に舞ったウイルスや細菌を排除できますから、2~3時間に一回は換気を行いましょう。
換気扇をつける
部屋に換気扇がある場合には、積極的に換気扇をつけるようにしましょう。換気扇は窓を開ける換気よりも一度の空気入れ替え効果は少ないですが、空間の中に空気の流れが作られ、ウイルスや細菌の停滞を防ぐ効果があります。
加湿器、空気清浄機の使用
多くのウイルスは湿度が50%以上になると活性が失われ、人への感染力が低下します[6]。加湿器や濡れタオルなどで空間を加湿すればウイルスが不活性化して感染しにくくなる上に、鼻やのどの加湿にもつながって一石二鳥です。空気が乾燥しやすい冬は湿度に注意して適度な湿度を保つように加湿を行いましょう。おすすめの加湿方法については『インフルエンザ感染予防に適切な湿度とは?おすすめの加湿方法』
また、空気清浄機の中には細菌やウイルスを吸着したり除去したりする機能がある機種もあります。ほかにも、置き型タイプの空間除菌を目的とした商品なども販売されています。詳細は『空間除菌の効果・仕組み』を参考にしてください。

参考文献

  1. [1]Dan L.Longoほか.ハリソン内科学 第4版 メディカル・サイエンス・インターナショナル 2013;1301-1306
  2. [2]イソジンガーグル液 7% ポビドンヨード含嗽液 添付文書(第4版) http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00056449.pdf(参照2018-04-01)
  3. [3]大石和徳ほか. "ノロウイルスに関するQ&A (平成28年改訂)" 厚生労働省. http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html(参照2018-04-01)
  4. [4]日本感染症学会. "インフルエンザ" 日本感染症学会. http://www.kansensho.or.jp/sisetunai/2006_10_pdf/12.pdf(参照2018-04-01)
  5. [5]Lowen AC, et al. Influenza Virus Transmission Is Dependent on Relative Humidity and Temperature, PLoS Pathog. 2007; 3(10): 1470-1476
  6. [6]HARPER GJ. Airborne micro-organisms: survival tests with four viruses., J Hyg. 1961; 59(4):479-486

「一般的な感染予防」の関連情報