一般的な感染予防
2018.04.27

感染症予防にうがいは効果ある?うがい薬は使うべき?

感染症予防に手洗いの有効性を聞くことは多いものの、うがいは効果があるのでしょうか。また、うがい薬は使うべきなのかといったうがい液の選び方、うがいのやり方についてもドクター監修の記事で解説していきます。

監修医師

監修 内科医 公衆衛生医師  成田亜希子 先生

うがいをしている女性

かぜなどの予防には「手洗いとうがいをしましょう。」ということを聞いたことがある方は多いでしょう。うがいは感染症予防にどのような効果があるのかを解説します。また、うがい薬の効果やうがいの仕方についても紹介します。

うがいの効果

かぜなどの予防には「うがい」がよいとされています。実際に、私たちは子どものころから家に帰った時は「手洗いとうがい」をするように教育されてきました。かぜなどの感染症を予防するには、以下の2点が重要です。

  1. ウイルスや細菌を体内に取り込まない
  2. 体内に入り込んだウイルスや細菌を排除する

ウイルスや細菌を体内に取り込まないためには、手洗いやマスクの着用が必要です。一方、体内に入り込んでウイルスや細菌を排除するにはうがいが非常に重要な効果を持つのです。うがいの効果は大きく分けて次の2つがあります。

  • ウイルスや細菌の排出
  • のどの粘膜の加湿

うがいがどのように2つの効果を発揮するのか見ていきます。

ウイルスや細菌の排出

多くのウイルスや細菌は、飛沫感染と接触感染を起こします。体内に入り込んだウイルスや細菌は、まず鼻やのどの粘膜の細胞に付着します。しかし、私たちの鼻やのどの粘膜には、侵入したウイルスや細菌をキャッチして侵入を防ぐ働きが備わっているのです。

鼻やのどの粘膜には、線毛という細かい毛が生えています。線毛はウイルスや細菌を捕らえ、蠕動運動をしながら捕らえたウイルスや細菌を外へ押し出そうとします。うがいには、線毛にキャッチされたウイルスや細菌を洗い流す効果があります。また、のどを適度に刺激するため、線毛の運動に必要な粘液の分泌を増加させます。粘液が増えた線毛は病原体をキャッチする能力が増して、病原体の侵入をさらに効率よく行うようになるのです。

このように、うがいはのどに付着したウイルスや細菌を排出するだけでなく、のどの防御機構も向上させる効果があるのです。

では、どのようなときにうがいをしたらよいのでしょうか。うがいは、ウイルスや細菌が付着した可能性があればすぐに行うべきです。具体的にどのようなシーンでウイルスや細菌を取り込んでしまう危険があるのかを見ていきます。

飛沫感染
飛沫感染とは、感染者のくしゃみや咳の飛沫を近くにいる人が吸い込むことで生じることです。飛沫はくしゃみや咳をすると、半径2mに飛散するといわれています。つまり、感染者の近くにいる人は誰でも飛沫感染をする可能性があるのです。飛沫感染は次のようなシーンで起こります。
・公共の交通機関を利用したとき
・商業施設などの人ごみに行ったとき
・病院を受診したとき
・学校や職場、家庭などの限られた空間の中に感染者がいるとき
外出から帰ったときや、感染者に接触したあとは必ずうがいをしましょう。
接触感染
接触感染とは、感染者から飛散した飛沫がドアノブや電気のスイッチなどに付着し、それを他の人が触れることで生じるものです。特に感染症の流行時期には、生活のいたるところにウイルスや細菌が付着していると考えてよいでしょう。接触感染は次のようなシーンで起こります。
・バスや電車でつり革や手すりにつかまったとき
・お店や公共機関のトイレを利用したとき
・感染者と接したとき
不特定多数の人ごみに行った後には手洗いだけでなく、マスクを着用していたとしても必ずうがいをしましょう。また、家族に感染者がいる場合には、感染者が個室にいたとしても、家の中には多くのウイルスや細菌が潜んでいる状態です。こまめなうがいをして病原体をしっかりブロックしましょう。

のどの粘膜の加湿

ウイルスや細菌をキャッチして排出する働きがある線毛は、乾燥した状態では動きが鈍くなり、防御機能が低下します。しかし、かぜが流行する冬は空気が乾燥し、のどの粘膜も乾燥しがちになります。うがいは、線毛に潤いを与え、線毛の働きを維持する効果があります。線毛が正常に働いていれば、体内に病原体が侵入しても、からだの外へ排出されて感染が起こりづらくなりまるのです。また、うがいは乾燥によるのどの痛みやいがらっぽさを改善する効果もあります。

うがい薬は使った方が予防効果がある?

うがいの方法には様々なものがあります。特に使用するうがい液には2つのタイプがあり、それぞれにメリットがあります。

水(または塩水やお茶)

水道水だけでうがいをした場合にも、ウイルスや細菌は洗い流され、のどが加湿されるため、風邪を予防する効果があることが実験によって証明されました[1]。また、最近では、塩分や緑茶成分には殺菌作用があるため、生理食塩水やお茶でのうがいもすすめられています。

うがい薬

多くのうがい薬が市販されていますが、大きく分けると、消炎を目的としたもの、殺菌・消毒・洗浄を目的としたものがあります。どのうがい薬を購入しようか迷ったときには、予防効果に焦点をあてた殺菌消毒成分が含まれているものがおすすめです。どのような成分が含まれているかわからないときには、薬剤師に相談して決めましょう。

うがいの仕方

うがい液を選んだら、次はうがいの仕方を正しく知りましょう。うがいの多くは自己流で行われています。しかし、間違ったうがいは感染症予防に十分な威力を発揮しません。感染症予防には正しいうがいを身に着けることが必要です。

水・塩水・お茶でのうがいの仕方

水・塩水・お茶でのうがいの仕方は以下の方法を参考にしてください[2]。

  1. うがい液を一口含み、口の中全体を強めにゆすいでから吐き出す。これを2~3回繰り返します。
  2. 次にうがい液を含み、上を向いて喉の奥までうがい液を行きわたらせるようにガラガラとうがいをします。これを2~3回繰り返します。

うがい薬でのうがいの仕方

うがい薬でのうがいの仕方は、うがい薬の種類によって異なります。使用するときには、必ず説明書やパッケージに目を通し、記載されている用法、用量、薄め方、使い方などを十分に確認して使用法を守りましょう。うがい薬の誤った使用は、十分な効果が得られないことがあります。また、口の中の細菌のバランスを乱し、感染症にかかりやすくなることもあるので、自己流での使用はやめましょう[3]。

うがいだけでは感染予防できない

うがいは感染症を予防する効果があります。しかし、感染症予防には体内へのウイルスや細菌の侵入をブロックすることが必要です。そのために、マスクの着用や手洗いなどの基本的な予防法も忘れずに実践しましょう。特に手洗いとうがいはセットで習慣化することをおすすめします。

参考文献

  1. [1]Satomura K et al. Prevention of upper respiratory tract infections by gargling: a randomized trial., Am J Prev Med. 2005; 29(4): 302-307.
  2. [2]健保連. "手洗いのしかた うがいのしかた" 新潟県. http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/462/557/20111116.pdf(参照 2018-04-09)
  3. [3]河野えみ子ほか. うがい効果の検討, 口腔・咽頭科2002-2003; 15(2): 199-207

「一般的な感染予防」の関連情報