一般的な感染予防
2018.04.27

家の中のウイルス・細菌の除去と外出時の感染予防

ウイルスや細菌は身近なところに潜んでいます。これらを除去して、自分や家族をかぜやインフルエンザなどのウイルスや細菌から守りましょう。家の中でできる予防法やお出かけ先でできる予防法について解説します。

監修医師

監修 内科医 公衆衛生医師  成田亜希子 先生

鼻をティッシュでかんでいる女性

日本では冬場の空気がとても乾燥していて、かぜやインフルエンザなどのウイルスが蔓延しやすくなり流行します。からだの抵抗力が十分に備わっていない小さなお子さんのいる方や、妊娠中の女性、受験生とその家族の方は特にウイルスや細菌による感染症が気になるのではないでしょうか。ここでは、毎日の生活の中で感染症を予防するためのウイルスや細菌の除去方法をご紹介します。

ウイルスや細菌はどこから感染する?

インフルエンザや風邪の原因となる一般的なウイルスや細菌の大部分は、口や鼻から体内に入り込みますが、どのように口や鼻にたどり着くのか、感染経路について説明します。

飛沫感染か接触感染がほとんど

ウイルスや細菌が感染する方法はいくつかありますが、その中で最も多いのは接触感染や飛沫感染という感染様式です。感染者の唾液や便などの中にはウイルスや細菌が大量に含まれています。ウイルスや細菌は非常に小さく、目で見ることはできません。そのため、唾液や便に含まれたウイルスや細菌が感染者の手を介してドアノブや電気スイッチなどに付着すると、別の人がそれを触り、その手で無意識に鼻や口を触ってしまうことでこれらの病原体が体内に侵入して感染が成立してしまいます。これが接触感染です。

一方、飛沫感染とは、感染者のくしゃみやせきで生じる細かい飛沫の中にウイルスや細菌が一緒に排出され、それを近くにいる人が吸い込むことで感染します。飛沫が届く範囲は約2mといわれており、それより近い距離に感染者がいるとウイルスや菌に触れなくても吸い込んで感染してしまうことがあるのです[1]。

このように、飛沫感染や接触感染の原因は身近なところに存在しています。飛沫感染や接触感染を予防するにはどのような方法があるか、家の中と外出時に分けて紹介します。

家の中でできるウイルス、細菌の除去方法

家は睡眠時間を含めて一日の大部分を過ごす場所であり、家族間では食事や入浴、団らんなどを共にすることが多いため、家族に感染者がいると他の家族に感染が拡大する危険が高くなります。また、感染していなくても、外出先で付着したウイルスや細菌を持ち込むことが考えられます。生活の中心となる家の中ではどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

手洗い・うがい

手洗いとうがいは付着したウイルスや細菌を除去する最も基本的な感染対策です。接触感染は、手に付着したウイルスや細菌が体内に入り込むことで生じますから、体内に入る前にしっかりと洗い流す必要があります。手洗いは石鹸を使った二度洗いと仕上げのアルコール除菌がウイルスや細菌を除去するのに効果的です[2]。

また、うがいはインフルエンザでは予防効果は実証されていませんが、口に近い喉の粘膜に付着したウイルスや細菌を洗い流す効果が期待できる場合もあります。

人の手がよく触れる場所の除菌

ドアノブや電気のスイッチ、テーブルや椅子などの人の手が触れやすい場所には感染者の手を介してウイルスや細菌が付着していることが多く、他の家族が気づかずにそこに触れることで接触感染が成立します。家族に感染者がいるときには人の手が触れやすい場所を除菌することも効果的です。また、ウイルスや細菌は便の中に排出されることもあり、感染拡大予防には便座の除菌も重要です。

除菌は一般的にはアルコールで行えばよいのですが、ノロウイルスなどの一部のウイルスではアルコールが効きにくく、ハイターを代表とした次亜塩素酸溶液を用いることがあります。アルコールや次亜塩素酸は蒸発しやすい性質があるため、刺激臭で具合が悪くなる人もいるので十分に換気をしながら行うようにしましょう。

空気中のウイルス、細菌などの除菌

密閉した室内では、その中でウイルスや細菌が増えてしまいます。2~3時間に一度は部屋の空気を入れ替えるようにしましょう。

また、最近では空間中のウイルスや細菌を除去する目的の空間除菌剤が販売されています。詳しくは『空間除菌の効果・仕組み』を参考にしてください。

加湿

特にインフルエンザのようなウイルスでは、湿度が50%以上になるとウイルスの感染力が弱まることが報告されています[3]。インフルエンザやかぜが流行する冬は空気が乾燥しやすいですから、加湿器や洗濯物の室内干しなどを利用して適度な湿度を維持するようにしましょう。インフルエンザ予防と湿度の関係については『インフルエンザ感染予防に適切な湿度とは?おすすめの加湿方法』をご覧ください。

外出時にできるウイルス、細菌の除去方法

通勤や通学の電車やバス、駅、商業施設など不特定多数の人が多く集まる場所では家庭の中よりもウイルスや細菌に感染する機会が多くなります。電車のつり革や買い物かごの取っ手にウイルスや細菌が付着しているかも知れませんし、隣にたまたま座った人がインフルエンザを発症している可能性もあります。ですから、外出先でもしっかりと感染対策をする必要があります。

マスクの着用

マスクの着用は非常に効果的な感染症対策です。マスクによって、飛沫を吸い込むことがなくなり、ウイルスや細菌が付着した指で無意識に口や鼻をいじったとしてもマスクがしっかりガードしてくれますから体内へ取り込まれることはありません。

また、マスクは鼻や喉への加湿効果があります。鼻や喉の線毛(体内に侵入したウイルスや細菌をキャッチして体外へ排出しようとする働きをもつ)は、適度な潤いを保つことで活発に働くようになり、ウイルスや細菌が体内へ侵入したとしても防御機能がしっかり作用するので感染のリスクが低くなります。

手洗い・手指の消毒

外出先でも手に付着したウイルスや細菌を除去するため、手洗いや手指の消毒は非常に重要です。家庭内とは違い好きな時に手洗いが行えるわけではありませんが、人ごみに行ったときにはトイレでこまめに手を洗うようにしましょう。場所によっては手指消毒用のアルコールが備え付けてあるところもありますから、積極的に利用するとよいでしょう。また、エアータオルは、機械内に付着したウイルスや菌が噴射によって手に付着してしまうことがあります。手を拭くときにはなるべくエアータオルを避け、備え付けのペーパータオルや持参したハンカチ類を使用することをおすすめします。

場合によっては、トイレや水道が見当たらず、流水や石鹸で十分に手洗いができないこともありますが、そのようなときのために、消毒ジェルや消毒シートを持ち歩いていると便利です。特に、インフルエンザやかぜが流行しやすい冬はいつでも消毒用品が使えるようにカバンの中に入れておきましょう。

参考文献

  1. [1]全国保育協議会. "施設内での主な感染症と感染経路" 全国保育協議会. http://www.zenhokyo.gr.jp/influenza/01.pdf(参照2018-04-02)
  2. [2]東京都衛生局 生活環境部 食品保健課. "洗浄・殺菌に関する実験結果" 東京都福祉保健局. http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/rensai/files/jikken10.pdf(参照2018-04-02)
  3. [3]Lowen AC, et al. Influenza Virus Transmission Is Dependent on Relative Humidity and Temperature, PLoS Pathog. 2007; 3(10): 1470-1476

「一般的な感染予防」の関連情報