一般的な感染予防
2018.03.26

予防接種の種類・スケジュール

予防接種は感染症にかからないようにするための有効な方法です。感染症の予防接種にはさまざまな種類があり、年齢や時期によって接種を推奨されているものがあります。ここでは、予防接種の種類とスケジュールを解説します。

インフルエンザの流行をきっかけに、予防接種を検討する人も多いのではないかと思います。そもそも予防接種にはどんな役割があり、どんな人に必要とされているのでしょうか。予防接種の種類やスケジュール、また、毎年新たな型が流行して対策が必要となるインフルエンザの予防接種についてもご紹介します。

予防接種はなぜ必要?

予防接種とは何を注射しているかご存知でしょうか。毒性を弱めたウイルスや細菌を注射して入れることで、体内でその病気に対する抗体を作り病気にかかりにくくしています。抗体を作ることで病気にかかる確率を下げて、重症化するのを防ぐ役目があります。自分がかからないためだけでは無く、他の方にうつさないようにするという目的もあります[1]。

予防接種が必要な人とは

予防接種を受けることが推奨される人、状況、また、任意で受けておいたほうがいい場合について説明します。

赤ちゃん・小児
お腹の中にいるときは母親から様々な免疫をもらっていますが、産まれた後は徐々に免疫が減っていきます。そうなると赤ちゃんや幼児は感染症にかかりやすく、感染症にかかった場合は重症化しやすいので予防接種が必要となります。
高齢者
免疫機能が低下していくので、肺炎やインフルエンザなどが重症化してしまう可能性があります。
インフルエンザの流行前
子ども~大人、妊婦、受験前の学生、仕事を休めない人など、あらかじめ予防接種をしておくことで発病や重症化を防ぎましょう。
その他
海外渡航前などに行き先によっては予防接種が必要になる場合もあります。予防接種の種類によっては数回接種する必要があるので、出発の3ヶ月以上前から準備しておきましょう[2]。

予防接種の種類とスケジュール

予防接種には定期接種と任意接種の2種類があり、それぞれの役割や主なワクチンについて説明します[3]。

定期接種
感染性が高く予防の必要性が高い感染症に対するもので、主に乳幼児や高齢者に接種が義務付けられています。
定期接種の主な種類:Hib(ヒブ)、小児用肺炎球菌、四種混合(DPT-IPV)、水ぼうそう、高齢者のインフルエンザや肺炎球菌など
任意接種
定期接種以外で希望者が病院に行って受けるものになっており、基本的に自己負担です。
任意接種の主な種類:ロタウイルス、おたふくかぜ、A型/B型肝炎、インフルエンザなど

※予防接種の詳しいスケジュールについては、以下のリンクを参考にしてください。

インフルエンザの予防接種

毎年猛威を振るうインフルエンザですが、予防対策としては予防接種が有効です。重症化しやすい高齢者やは定期接種の対象となっています。また、毎年インフルエンザウイルスは感染性を変異させて流行するため、予防接種も毎年受けるようにしましょう[4]。

いつ受けるのがベスト?受けられないケースとは

予防接種を受けてから免疫ができるまで2~3週間かかるので、流行時期から逆算して受けるようにしましょう。インフルエンザは例年12月~4月頃に流行し、1月末~3月上旬に流行のピークを迎えますので、12月中旬までにワクチン接種を受けるのがよいでしょう。全員受けることができるわけではありません。受けられない場合として、接種当日に発熱や別の病気にかかっている人、過去にアナフィラキシーショックなど重度のアレルギー反応があった人は受けることができません。

費用や保険適応の有無、接種できる場所

最寄の医療機関やかかりつけ医などで受けられます。感染予防策なので保険適用はなく、基本的には全額負担となりますが、市区町村によっては公費負担や助成制度を設けていることもあります。医療機関に問い合わせして確認するか、市区町村のホームページ等で確認できることもあります。

インフルエンザ感染を防ぐセルフケア

感染症は予防接種で100%予防できるわけではありません。日ごろからセルフケアによる対策を行うことも大切です。手洗い・うがいを習慣化し、インフルエンザの流行期はマスク着用や身の回りの消毒や換気を行うなどをこころがけましょう。

参考文献

  1. [1]予防接種ガイドライン等検討委員会. "予防接種ガイドライン" 厚生労働省. http://www.mhlw.go.jp/topics/bcg/guideline/1.html(参照 2018-03-13)
  2. [2]厚生労働省検疫所. “海外渡航のためのワクチン” 厚生労働省検疫所. http://www.forth.go.jp/useful/vaccination.html(参照2018-03-13)
  3. [3]厚生労働省健康局結核感染症課. "予防接種⾏政の動向について" 国立感染症研究所. https://www.niid.go.jp/niid/images/idsc/kikikanri/H26/20141015-02.pdf(参照_ 2018-03-13)
  4. [4]厚生労働省. “インフルエンザQ&A” 厚生労働省. http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html(参照2018-03-13)_

今すぐ読みたい

「一般的な感染予防」の関連情報