ウイルスを知る
2018.04.27

ウイルスの種類|DNAウイルスやRNAウイルス、エンベロープって何?

ウイルスの種類を大きく分けるとRNAウイルス、DNAウイルスに分けられ、さらにエンベロープと呼ばれる膜をもつタイプと持たないタイプに分けられます。ウイルスの種類による特徴を押さえることで感染予防にも役立ちます。

監修医師

監修 内科医 公衆衛生医師  成田亜希子 先生

メモを取っている男性の手元

インフルエンザウイルスやノロウイルス、ヘルペスウイルス、アデノウイルスなどの名前を聞いたことがある人は多いと思います。人に感染するウイルスにもさまざまな種類がいますが、構造によって種類分けされています。ウイルスにはエンベロープと呼ばれる膜をもつタイプのウイルスともたないタイプのウイルスがあり、この性質が感染対策に大きく関係しますので解説していきます。

ウイルスの種類の分け方

ウイルスは微生物の一種ですが、細菌やカビなどとは構造が大きく異なります。ウイルスの構造は非常に単純です。増殖に必要な「核酸」という物質と、それを取り巻くたんぱく質や脂質を持つだけです。

核酸

核酸にはそのウイルスの遺伝子が含まれており、いわば増殖に必要な設計図です。核酸には、DNAとRNAの2種類があります。遺伝情報は、鎖のような構造をしたポリヌクレオチドという物質に書き込まれています。DNAは二本のポリヌクレオチドが対になってらせん状の構造をしています。一方、RNAは一本のポリヌクレオチドのみが折り畳まっているもので、DNAに比べて不安定な構造です。

ウイルスが持つ核酸もDNAとRNAに分けられ、ウイルスの種類によってどちらを持つか異なります。DNA、RNAを持つウイルスの代表的なものは以下の通りです。

DNAウイルス
ヘルペスウイルス、アデノウイルス、パルボウイルス、B型肝炎ウイルスなど
RNAウイルス
インフルエンザウイルス、ノロウイルス、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)など

DNAは安定性が高い構造のため、DNAウイルスは変異が起こりにくいと言われています。しかし、RNAウイルスは安定性が低いので変異しやすく、インフルエンザウイルスなどは変異を繰り返して毎年大流行する特徴があります[1]。

タンパク質

ウイルスの核酸を包むのはカプシドと呼ばれるたんぱく質です。カプシドはすべてのウイルスが持つたんぱく質ですが、カプシドのさらに外側にエンベロープという脂質の殻を持つものがいます。ウイルスは自分自身で増殖する能力がないため、他の生命体に感染し、必要な物質を奪い取って増殖を繰り返します。エンベロープは、ウイルスの表面に細かい突起のようなものを作り、ウイルスが他の生命体に吸着・侵入する手助けをします[2]。

ウイルスがエンベロープを持つか否かで、そのウイルスに対する感染対策が異なります。エンベロープの有無はウイルスの種類によって決まっており、それぞれの代表的なウイルスと感染対策は以下の通りです。

エンベロープありのウイルス
インフルエンザウイルス、麻疹(はしか)ウイルス、ヘルペスウイルスなど

エンベロープの主成分は脂質であり、界面活性剤やアルコールなどの脂質を溶かす性質がある消毒薬によって破壊されます。このため、エンベロープを持つウイルスはアルコールに弱く、感染対策ではアルコール消毒がすすめられています。エンベロープを持つウイルスの詳細な対策方法は『インフルエンザウイルスの除菌・消毒方法』を参考にしてください。

エンベロープなしのウイルス
ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなど

エンベロープは胃酸や胆汁などの消化酵素で破壊されるため、エンベロープを持つウイルスは腸管へ届く前に多くが不活性化されます。一方、エンベロープを持たないウイルスは消化酵素で破壊さされにくく、腸管感染を起こしやすいのが特徴です。また、エンベロープを持たないため、アルコールやエーテルで不活性化されにくく、消毒には強い酸化作用を持つ次亜塩素酸ナトリウムや二酸化塩素などが必要です[1]。エンベロープを持たないウイルスの対策について詳しくは『ノロウイルスの除菌・消毒方法』のページをご覧ください。

参考文献

  1. [1]Dan L.Longoほか.ハリソン内科学 第4版 メディカル・サイエンス・インターナショナル 2013;1247-1256
  2. [2]宮内浩典. エンベロープウイルスの宿主細胞への侵入過程, ウイルス 2009; 59(2): 205-214

今すぐ読みたい

「ウイルスを知る」の関連情報